2022年08月10日

NEWS 最新情報

TOP / 最新情報 / セルビア共和国アレクサンドラ・コヴァチュ特命全権大使のご来訪
2022-02-07メディア情報

セルビア共和国アレクサンドラ・コヴァチュ特命全権大使のご来訪

2022年1月31日(月)にセルビア共和国大使館より、アレクサンドラ・コヴァチュ特命全権大使、イヴァナ・ドゥボカ公使参事官、広報・通商担当富永正明様のご来訪を歓迎致しました。

アイオニックは世界で初めて電子イオン歯ブラシを発明・実用化した創業45年のオーラルケア関連製品メーカーです。2018年1月より、セルビアのビスヘルス社とパートナーシップ契約を締結し、セルビアを拠点にヨーロッパ21カ国に展開しています。大使御一行の来訪は、デンタルIQが高いEUで電子イオン歯ブラシの有効性が認知され、EU市場よりその将来性が期待される事の裏付けとなりました。

会談でコヴァチュ大使は、日本とセルビアの友好親善140周年の記念すべき年にアイオニックを来訪出来たことの意義深さに言及され、アイオニックがビスヘルス社との関係を強化しセルビアからヨーロッパへ全方位展開する取り組みを高く評価されました。

またビスヘルス社の若き実業家アレキサンダーCEOよりコヴァチュ大使へ送られた歓迎と感謝のビデオメッセージも放映されました。臨席頂いた井崎義治流山市長からは、子育て世代を中心に人口増加率が全国1位、千葉県において平均寿命が県内1位である活気溢れる流山市政のご紹介を頂きました。続いて田口佳子流山商工会議所会頭からは、女性が経済界で積極的に登用され活躍出来る環境を流山市より推進する意気込みを語って頂きました。

コヴァチュ大使が会談で強調されたことは、コロナ禍においてヨーロッパ経済が低迷する中、セルビアは近年GDP成長率7.5%を達成し、バルカン半島のシリコンバレーとして繁栄を続けていることです。現在セルビアには30社の日系企業が進出し、昨年2021年には日本政府との間で租税条約が批准され、アイオニックに代表される中小企業がセルビアに進出するハードルも下がり、今後の積極的な経済交流を強く希望されました。

引き続き流山市及び商工会議所を始めとする経済団体、法人企業が連携を強化して2022年の友好親善140周年の記念すべき年を盛り上げていくことを確認し閉会となりました。

【日時】 2022年1月31日(月)15:15~17:10
【場所】 アイオニック株式会社 本社及び工場(〒270-0145千葉県流山市名都借914-1)
【ご来訪者】
アレクサンドラ・コヴァチュ セルビア共和国特命全権大使
イヴァナ・ドゥボカ セルビア共和国公使参事官
富永正明 セルビア共和国大使館広報・通商担当
井崎義治 流山市長田口佳子 流山商工会議所会頭

 

補足説明
1. 2022年は日本とセルビアの友好親善140周年の記念すべき年です。セルビアとの友好関係は、1882年に明治天皇とセルビア王室ミラン・オブレノヴィチ国王との間で書簡が交わされた事を端緒としています。友好親善140周年にあたり、アレクサンドラ・コヴァチュ特命全権大使御一行をお迎え出来たことは、アイオニックにとって喜ばしい限りです。

2. アイオニックは2022年に創業45周年を迎えます。創業者で電子イオン歯ブラシの発明者でもある福場博氏は、試行錯誤を重ね1984年に初めて電子イオン歯ブラシの量産化に成功しました。発売以来、累積販売本数は3億本超となり電子イオン歯ブラシのリーディングカンパニーにまで成長しました。

3. セルビアのパートナー(ビスヘルス社)のCEOアレキサンダー氏はアイオニックの企業ミッション・ビジョンに共鳴をして、電子イオン歯ブラシの有効性をデンタルIQ(口腔衛生意識)が高いヨーロッパで浸透させたいという志から起業しました。(写真中央:アレキサンダー氏、創業メンバーと一緒に)
 


4.      現在、アレキサンダー氏の志に共鳴する企業家が集い、ヨーロッパ21カ国にその企業精神が広まっています。(セルビアは、旧ユーゴスラビアの主要国)
 

 

【企業理念】
ü  コーポレートミッション(使命)
一本の歯ブラシで、人々のお口の健康を通じて全身の健康を守り、一生笑顔で過ごす「スマイル100才®」の実現に貢献します。
ü  コーポレートビジョン(将来像)
オーラルケアに特化して、イオン効果を活用した独自の製品を創造し、世界中の人々に愛される会社を目指します。(ニッチ・ユニーク・グローバル)

5. 弊社のミッション・ビジョンは、世界中のパートナーからの強い同志的共感を生み出し、ヨーロッパのみならず世界50カ国以上に広がりを見せています。世界の仲間がワンチームとして発展していく、その想いを定期的に開催してきたグローバル会議に込めます。パートナーの輪が年々大きくなっています。

アイオニックの海外展開は、井崎義治流山市長及び流山商工会議所田口佳子会頭にも応援して頂いています。アイオニックが位置する流山市は、都心から一番近い緑豊かな街をコンセプトに子育て世代を中心に人口が増加している街です。また全国に515箇所の商工会議所がある中で女性会頭は3名しかおりませんが、そのお一人が田口会頭です。市政・経済界のご支援の下、アイオニックの海外事業は支えられております。